someColsAtATimeのテスト

someColsAtATimeはまだ作りこんでないので問題有るかも。

このテストサンプルでは、サーバー側から送り出されているデータと、someColsAtATimeで整形し、ccchart.initへ流し込む直前のデータをconsole.logで見られます。というわけで、サーバーからの送出速度は落としてます。

Chrome Win なら[Ctrl]+[Shift]+J、Macなら[command]+[option]+Jなどでコンソールを開いてみてください。(出力されたデータを http://jsbeautifier.org/ などでインデントしてご覧ください)

someColsAtATimeのようなパターン関数はいろいろなタイプが考えられるので、将来コンバート関数として用意したいと思ってましたが、いまのところこれだけで、開発停止してます。すみません。